Event is FINISHED

【参加無料】ウェビナー ロボット配送の取組の紹介、今後の展望・課題について現場運用したメンバーで語ります。

Description
ロボット配送の取組の紹介、今後の展望・課題について現場運用したメンバーで語ります。
 ー国内初!複数店舗の商品を三者協同でロボットデリバリーしました!ー

6月9日(水)16:00-17:00
オンライン配信(Zoom)

昨今の新型コロナウイルスによる消費者の巣ごもり需要が高まる中で、デリバリー業界は特に注目を集めており、コスト面からデリバリー機能を持っていない店舗様もデリバリー対応ができるようになる「シェアリングデリバリー」サービスが展開を広げている状況にあります。

一方で、デリバリーを行う人手不足、配送マナーの問題や、特にコロナ禍において求められる非対面・非接触配送のニーズなど、現在のマンパワーに頼ったデリバリーにおいて、解決すべき問題がいくつも存在しております。

その問題を解決する方法の一つとして、宅配ロボットを活用したデリバリーサービスが注目を集めており、産官学で実用化に向けた取組が進んでいます。

現在は実証実験段階のサービスですが、近い将来の実用化に向けて、興味を持たれている、もしくは実施に向けて動かれている方も多いのではないかと思います。

ENEOSホールディングス、ZMP、エニキャリの3社は、2021年2月に中央区佃エリアにおいて、国内初となる自動宅配ロボットによる複数店舗からのデリバリー実証を行いました。

今回のセミナーでは、このご説明に加え、今後のロボットデリバリーの未来、そして課題などについて、現場運用したメンバーで議論します。

ロボットデリバリーに興味を持たれている店舗様、新規事業担当の方はもちろん、企画やマーケティング、SCM、ロジスティクスなどをご担当の方も是非、ご参加いただければと存じます。

本セミナーを通じて、皆様の今後のロボットデリバリーの可能性を考えるきっかけとなれば幸いです。

※「Zoom」を使用したオンライン配信となります。

■こんな方におすすめ

・今後、自社にデリバリーを取り入れたいと考えているが、アイデア創出に課題をお持ちの方
・ロボットデリバリーの取組みに興味をお持ちの方

■参加方法

オンライン参加チケット:無料

Peatixより参加登録(オンライン参加チケット:無料)をお願いします。
Zoomのウェビナー機能を使用します。当日の午後1:00までに、参加URLをPeatixのメッセージ機能にてご案内します。

皆さまのご参加を、心よりお待ちしております!


■ウエビナー開催概要

6月9日(水)16:00-17:00  Zoomのウェビナー機能で実施

■定員

100名
※本セミナーにおいてご同業の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。

■登壇者

スピーカー :片山裕太(ENEOSホールディングス株式会社 未来事業推進部)
       池田慈 (株式会社ZMP ロボライフ事業部)
モデレーター:境潤也 (株式会社エニキャリ 業務推進本部)

■ウエビナー内容

・ロボット配送の未来について
・ロボット配送の取組事例の紹介、今後の展望、課題などの説明
・Q&A

※コンテンツの詳細は変更になる可能性がございます

■登壇者のご紹介

スピーカー:片山裕太
(ENEOSホールディングス株式会社 未来事業推進部)

2012年慶應義塾大学大学院理工学研究科修了、コンサルティング会社を経て2019年12月当社入社。
未来事業推進部において、ロボティクスやモビリティ領域の新規事業開発・投資等を担当。

スピーカー:池田慈
(株式会社ZMP ロボライフ事業部)

慶應義塾大学商学部を卒業後、複数のベンチャー企業で営業を経験後、当社に入社。ロボライフ事業部にて、生活圏で活躍する3兄弟ロボット(主に無人宅配ロボデリロ)の営業及び事業開発を担当。

モデレーター:境潤也
(株式会社エニキャリ 業務推進本部)

大学卒業後、中堅建材メーカーに入社。主にファブレス商材のSCMに従事し、その後、大手オフィス商材企業の通販事業部にて海外OEM商材のSCMに従事。2021年1月よりエニキャリにジョインし、PM、サービス設計、オペレーション構築など担当。

[PR] Recommended information